漢方薬の八味地黄丸の効果について解説します!!



――ツムラの八味地黄丸で不妊を治す

年齢とともに、腎機能も衰えていきます。

腎が司る役目は、体の中の水分循環を上手に調節し、温度を一定に保っておくこと。

水分循環が悪くなれば血液は冷え、内臓が冷えてきます。

子宮の温度が低いと着床不全をおこしやすくなることや、卵巣機能が低下することが知られています。

腎機能を回復させることは、
卵巣機能を向上させ、子宮の温度を上げることにつながっていきます。

腎機能は日常のストレスや過度な緊張を伴う労働にもダメージを受けやすい機能です。

不妊の大きな原因の一つといわれる男性の精子無力症は、
過度なストレスや睡眠不足によるものが大きく、
腎機能を回復することによって改善される代表的なものとして知られています。

腎機能を回復させる妙薬と言われているのが八味地黄丸です。

ツムラの八味地黄丸は、飲みやすいエキスの顕粒状となっていますので、
丸薬を飲むのが苦手な方に向いています。

八味地黄丸は、貧血改善に効果のある地黄、体内の水分循環を良くする沢潟、
血行を改善する牡丹皮など、体の機能を正常に戻す役割をする漢方薬が8種類入っています。

効果を実感するのも早く、続ける目安は1か月ほどで、
症状が改善されたら内服をやめることができます。

ツムラの八味地黄丸は、消化しやすい顕粒状ですので、
胃腸にあまり負担をかけることなく消化吸収することができます。

腎機能の衰えを回復させ、不妊を改善するのに大変薬効のある八味地黄丸ですが、
体がほてりやすい方や体力がある方、胃腸の弱い方には向きません。

医師や薬剤師に相談してから内服すると安心です。






Copyright2016 漢方薬の八味地黄丸の効果について解説します!! All rights reserved.